外壁塗装工事の業者の選び方は?気を付けたいチェックポイント6選

「外壁塗装工事」とは家の外壁を塗装する施工のことを指します。
自宅の塗装工事を検討しているけれど、「初めての事で何も分からない」「どこの業者を選べばいいのか分からない」「チラシやホームページを見ても、その価格が適正なのかもよく分からずに困っている」「選び方が分からない」などというお悩みを抱えていませんか?
外壁も住宅と同じように、新築時には設計と施工を行います。また経年劣化によって、メンテナンスやリフォーム工事も必要になります。
しかし、塗装工事は専門性の強いジャンルなので、一般の消費者には分かりにくく、疑問を持ったまま業者に全て任せざるを得ないという一面があります。
それゆえに、万が一手抜き工事をされても自己判断しにくいものでもあります。希望通りの施工が叶わなかったり、些細なトラブルに巻き込まれないようにするためには、消費者側も自ら知識を身に付け、自己防衛する必要があります。

外壁塗装工事を依頼する際に最初に行うことは業者選びになります。相場内の金額で高品質な外壁塗装を行うためには良い業者と出会うことが大切です。
しかし外壁塗装リフォームを依頼できる業者は多種多様で、良い業者と悪い業者を見分けるのも簡単ではありません。
万が一悪徳業者に頼んでしまうと、費用相場以上の料金を請求されたり、必要な工事をしてもらえなかったりする可能性があります。
良い業者を選ぶ際には、どういったことに注意して選ぶといいのでしょうか?
そもそもの業者の選び方が分からないという方のために、ここでは外壁塗装工事の際の業者選びで失敗しないためのポイントを6つご紹介します。これからご自宅のメンテナンスを検討される方は、ぜひ最後まで読んでみて、参考にしてみてください。それでは、ひとつひとつチェックしていきましょう。

—–

この記事の目次
1.
自分の希望に合う業者を見極める
2.
業者の許可と資格の有無・対応力・提案力を確認する
3.
施工後の保証・アフターフォローについて確認する
4.
見積書の内容がしっかりしているか確認する
5.
ホームページの内容・充実度
6.
業者の種類
7.
まとめ

—–

1.自分の希望に合う業者を見極める
一口に外壁塗装といっても、様々な業者がおり、業者によって得意な施工は違います。業者ごとに得意としているスタイル・施工があるの外壁塗装工事を行っている会社であればどこにでも依頼ができるというわけではありません。
それぞれの業者に得意不得意があるので業者のHPなどを確認してその業者の雰囲気や今までの施工実績などの確認をしましょう。そのうえで自分の思い描いている雰囲気・デザイン・用途に近い業者に問い合わせをすれば、後から対応できない等の話も出ないので効率的です。
また、問い合わせをする前にその業者がどういった会社なのかに関してもしっかり確認をしておきましょう。
外壁塗装工事を対応してくれる業者は様々あり、大手のハウスメーカーから地域密着でやっている小規模な会社までその規模は様々です。
テレビCMをしているようなハウスメーカーは建物だけだと思いがちですが、外壁塗装部門もあります。
ハウスメーカーは会社としては安定度が高く、豊富な実績から一定の信頼が置けるのは確かです。
営業から工事までスムーズに進むことが多く、書類や保証などもしっかりしているのも特徴ですね。
ただ、大手のハウスメーカーなどの場合、実際に工事をするのは各ハウスメーカーの下請け・孫請けの会社になります。その場合中間マージンがかかってしまうため、どうしても費用は割高になってしまいます。
また、実際に対応する職人と話しているわけでもないので担当者によってすべてが左右されると言っても過言ではありません。
ハウスメーカーの担当者が優秀であればなんのストレスもなく安心して施工を受けられますが、ハウスメーカーの担当者がいまいちであれば打合せしていた内容と違う、要望と違うなどのトラブルも起こってしまう可能性もあります。
—–
一方地域密着でやっているような町場の業者の場合、営業マンなどがおらず、職人が直接打合せから施工まで一貫して入って対応するような場合が多いです。実際に施工にあたる職人が打合せをしてくれるので現場ならではのリアルな意見や、自分では見えていなかったような斬新な提案も期待できます。
また、金額に関しても一気通貫で行っている業者の方が中間マージンなどがないため安く抑えることが出来るのも特徴です。
—–

2.業者の許可と資格の有無・対応力・提案力を確認する
外壁塗装業を開業する際は免許や許可を取る必要はないため、どのような業者でも仕事さえあれば外壁塗装業を行うことはできます。しかし「塗装技能士」や「建設業許可証」は長年の実績と経験がなければ取得できないため保有している業者であれば信用力は大幅に増します。「塗装技能士」の合格証書や「建設業の許可票」といった国や行政からの許可・資格を業者が保有しているか確認してみましょう。
■塗装技能士
塗装技能士の資格を取得できた人は技能士証となるバッチも合わせて取得できますが、塗装作業中に装着する必要はありません。級数には1級と2級があり、1級は2級よりも取得難易度が増します。
塗装技能士が在籍していることをホームページ等に記載するときは、「一級塗装技能士」というように級数を必ず明記しなければなりませんので、「塗装技能士が施工!」などの級数をぼかした表記には注意しましょう。
■建設業許可票
500万円以上の工事を行う場合は『建設業許可票』が必要です。
しかし戸建住宅の外壁塗装費用が500万円を超えるケースはほぼあり得ませんので、許可証がなくても塗装業者の質が下がるわけではありません。
ただし許可証取得のためには会社の資産状況や過去の業務履歴などが自治体によって審査されますので、所持している業者であれば信頼性は高いと言えるでしょう。
二都道府県以上にまたがる場合は国土交通省が、一つの都道府県内の場合は知事が許可をします。
また塗装業者の場合は「許可を受けた建設業」の欄が「塗装工事業」になります。
有効期限は5年間ですが許可証に期限は書かれていないため、許可年月日から遡って期限切れの許可証が使われていないか判断しましょう。また、見やすいところに掲げることが建設業法で定められていますので「許可票は奥に保管しています」などの言い訳は通りません。
—–
いい仕事が出来る工事業者ならばお客様の要望を真摯に受け止め、プロならではの視点や経験から、お客様の満足度を高める提案が必要です。お客様の要望は千差万別ですから、お客様のご予算や立地条件などに合った解決策を提案してくれるかを見てみましょう。中には工事業者の好みのデザインや塗料などを押し通そうとしたり、お客様のご要望を否定したりする工事業者も存在します。そういった業者は経験がなかったり、仕入れの都合が悪かったりする場合もあるので注意が必要です。
—–

3.施工後の保証・アフターフォローについて確認する
外壁塗装は塗料を塗ったら終わりではありません。
耐久年数を迎える前に塗装が剥がれたりヒビ割れたりしては、せっかく行った外壁塗装の時間と費用が無駄になってしまうだけでなく塗り直しの費用もそうカンタンには出せません。万が一業者のミスで施工不良が起きたとき、無償で補修してもらえる「工事保証」が用意されていることを確認しておきましょう。工事保証の設定は業者によって異なりますが、ほとんどの場合5~10年間は施工箇所の塗装劣化を補修してくれる内容になっています。保証内容は必ず保証書にしてもらい、保証期間中は失くさないように保管しておきましょう。なお業者によっては工事保証のことを「自社保証」や「アフター保証」と記載していることがあります。
—–
保証の部分に関しても業者ごとによって対応が異なるので保証の部分に関してもしっかりと確認し、比較することをおススメします。その場合に保証期間が設定されていなければ、たとえ業者の手抜きや不手際による不備であっても、工事代金全額を請求されることがあります。
—–

4.見積書の内容がしっかりしているか確認する
見積もりは契約前に業者の質を確かめる有効な資料です。
しかし見積書の内容が適切かどうかは判断しにくいため、他社にも相見積もりを取って比較しながら確かめるとよいでしょう。
複数社の見積もり金額や工事仕様書を比較するうちに、外壁塗装費用の相場感や必要な工事工程の種類が見えてくるようになります。ただし費用相場を確実に分析するためには詳しい工事見積り書が必要です。例えば「上塗りシリコン塗料」としか書いていない見積もりだと、どのメーカーの何という商品名かわからず塗料代が相場内かどうか判断がつきません。あるいは「その他」や「塗装一式」などあいまいな表現がされている見積もりも、工程別の施工単価が調べられないため資料として不十分です。
—–
見積書がずさんな業者を選んだ場合、自分の希望が全く入っていない可能性もあります。追加工事となれば、高額な料金を請求されることもあるため注意してください。信頼できる業者は工事内容が異なる複数パターンの見積書を出してくれる傾向があります。もちろん全ての見積書に明細が記載されています。見積もり比較は焦らず慎重に行いましょう。
—–

5.ホームページの内容・充実度
外壁塗装業者の善し悪しはその業者のホームページからある程度判断できます。しかし業者のホームページはどれも良い内容ばかりアピールされていますので、信頼できる業者かどうかの判断材料となる部分を知っておきましょう。
以下3点のポイントをチェックしてみてください。
■代表者のプロフィールがあるかどうか
先に述べたとおり、外壁塗装は特別な資格がなくても開業できてしまいます。しかし塗装経験も専門技術もない素人が率いる会社と、長い下積みを経て独立した塗装職人が経営する会社であれば、後者で外壁塗装を依頼したいと誰しも思うものです。
また、外壁塗装業未経験の代表者は営業会社として経営していることも多く、契約を取って紹介料をもらったあとは下請けに工事を丸投げしてしまう可能性もあります。サイトの会社概要ページに代表者挨拶やプロフィールがあれば、見習い時代の現場経験や独立して開業に至った動機などが記載されていますので目を通しておきましょう。
■施工実績が充実しているかどうか
多くのお客様の相手をしている施工店であれば当然多くの工事実績を持っています。施工実績に「お客様の声」として依頼主の笑顔と文章だけを掲載している業者もありますがそれだけでは実際に塗装が行われたかわかりません。実際にその業者が手掛けた施工事例かどうかを知るためには、足場工事、高圧洗浄、コーキング工事、養生、下塗り・中塗り・上塗りなどの各工程の写真が施工現場別に掲載されていることを確認しましょう。また施工実績を見るときは工事価格が書かれていることも確認しましょう。毎回相場から逸脱した料金を請求していたり、客の顔色を見ながら大幅な値引きなどを行ったりしている悪徳業者は施工料金を書けないからです。
■ホームページを持たない外壁塗装業者の場合
ホームページをもたないどころか、ブログやSNSも用意していない業者ももちろんいます。もしそのような業者を見つけたときはいったんその業者は選択肢から外し、ホームページを持つ判断しやすい業者の会社情報を先に調べましょう。ホームページを持っていない会社が必ずしも信用できない。悪徳業者というわけではありませんが、全く知らないゼロの状態から依頼するとして、少しでも多く判断材料を開示している業者には、少なからず好感が持てます。もし、それでもホームページがない業者が気になるようであれば、一度電話をしたり事務所を訪ねたりして、会社の雰囲気や社長・社員の人となりを確認してみる方法もあります。ただし何の情報もない状態で業者のオフィスを訪ねても効率が悪いため、やはり他の業者の施工実績や会社沿革など比較対象となる情報を先に集めておきましょう。

6.業種の種類
外壁塗装業を行うためには特別な資格は必要ありませんので、様々な業者が外壁塗装を受け付けています。しかし業者の種類によって工事の進め方は異なりますので、それぞれのメリット・デメリットを知って選ぶときの参考にしましょう。
■外壁塗装専門業者
外壁塗装専門業者は、外壁塗装を依頼する最もよい選択肢と言えます。
その名の通り外壁塗装を専門に手掛ける業者で、塗装技能士の資格を持つ熟練職人など塗装のスペシャリストが集まっています。中には、網戸、雨樋、雨戸の交換や、玄関ドア塗装、屋上防水工事など外壁塗装に関連したリフォーム工事も併せて行ってくれる業者もいます。またほとんどの塗装専門会社は自社施工が可能ですので、中間マージンも発生せず支払った金額分の工事をしっかり行ってくれます。ただし少数精鋭で経営している所も少なくないため、別の塗装業者の職人や足場専門業者に外注して工事が行われることもあり、その場合は中間マージンが発生しますのでご注意ください。
■ハウスメーカー
ハウスメーカーは主に新築住宅をメインとしている業者です。
一般的にハウスメーカーと呼ぶときは大手メーカーを指すことが多く、どのハウスメーカーもテレビのCMや雑誌広告等に莫大な宣伝広告費を投じています。さらに広告だけでなく住宅展示場でイベントを開催したり、飛び込み営業、取引先営業、問い合わせ応対営業など様々な営業業者を雇ったりして人件費もかけています。さらに自社に工事部門を持たないため工事はすべて外注業者に発注しなくてはなりません。このように様々な所に経費がかかっているハウスメーカーで外壁塗装を行えば、中間マージンや広告費がかさんで非常に高額な工事費用になってしまいます。ただし家を建てたハウスメーカー以外でリフォームを行うと、新築時に付けられたメーカーの保証が無効になることもあります。また大手のハウスメーカーであれば施工金額が高くなる分、現場管理を優良業者にしっかり任せて手厚い工事保証も付けてくれますのでその点では大いに安心できます。
■ホームセンター
ホームセンターの中にも外壁塗装を依頼できる所があります。
有名な大手ホームセンターであれば外壁塗装の専門部署を設けているかもしれませんが、大半の所は下請け業者を使用するためここでも中間マージン発生してしまいます。
■リフォーム専門店
リフォーム専門店とは塗装工事以外の外装・内装工事などリフォーム工事全般を行える業者です。
例えば内装工事であればフローリングや壁紙の張替え、キッチンやお風呂など水回り設備の交換リフォームなどが依頼できます。あるいは門扉や門柱、フェンスやデッキといったエクステリア工事も外壁塗装と併せて依頼が可能です。また建物の建て替えや間取り変更、防音改修工事や耐震補強工事といった大がかりなリフォームも行ってくれますので、お住まい全体をリニューアルしたいときにはリフォーム店がぴったりです。ただしあらゆるリフォームが行えると言っても業者によって工事分野の得意・不得意がありますので、外壁塗装を依頼するときは塗装の実績が豊富な業者でなければ選ぶメリットが薄れてしまいます。また、リフォーム業者も自社のスタッフだけで全種類のリフォームが行えるわけではありませんので、それぞれのリフォームが行える業者を下請けとして雇わなければなりません。そのためリフォーム業者でも大手になるとハウスメーカーや工務店と同様に、中間マージンも高くなってしまうことがあります。
■訪問販売業者
決してすべての訪問販売業者が悪いとは限りませんが、国民生活センターに寄せられた住宅リフォームにまつわる被害相談は、ほとんどが訪問販売業者との契約に関するものです。急に訪ねてきた営業マンから工事を勧められ、「今すぐ工事をしないと危険です」など不安を煽られても決して契約してはいけません。外壁塗装は施工前に現地調査を行うことで初めて、正しいリフォーム費用や施工方法、劣化具合が判明します。そのため訪問販売業者がその場で作った見積もりは、不当に価格が吊り上げられていたり緊急性が高くない工事が含まれていたりするため非常に危険です。さらに訪問販売業者は自社で施工せず大量に中間マージンを抜いて下請け業者に工事を任せてしまうことが多く、そのような状態では下請け業者は手抜き工事を行わざるを得ません。その結果、高額な契約金額を支払ったにも関わらず質の悪い工事が行われるという最悪の事態に陥ってしまいます。
もし知らない業者の営業マンが「まだ塗装していないんですか」「今ならお客様だけキャンペーン価格で工事をします」などと言って訪ねてきても、絶対にその場で契約せずに、引き取ってもらいましょう。

7.まとめ
外壁塗装はまさにお家の顔になる部分です。せっかくのマイホーム、出来れば妥協はしたくないですよね。工事が終わった後に「別の業者に頼めばよかった」「他の業者の方が安くなるなんて知らなかった」などの後悔が残ると、せっかく外壁を塗り替えても満足度は下がってしまうでしょう。工事後もしっかりアフターフォローを続けてくれる良心的な業者に適正価格で依頼できるよう、必ず複数業者から相見積もりを取って比較したり、口コミやランキングを見て判断することも大切です。
外壁塗装工事の際は上記のポイントを参考にして頂き、皆さんが最良の選択が出来るお手伝いが出来れば幸いです。