外壁塗装に使われるアクリル塗料って何?

外壁塗装に使われるアクリル塗料って何?

外壁塗装をする時にアクリル塗料ってよく聞くけど、そもそもアクリル塗料って何?どんな時に使うの?
名前は聞いたことあるけど、どんな塗料なのか分からない。どこで活用できるか分からない。

この記事では、そんな方にアクリル塗料の基礎知識やメリット・デメリット等の役立つ情報をまとめておりますので、参考にしていただければと思います。

1.アクリル塗料とは?


アクリル塗料とは、アクリル系合成樹脂成分を主成分とする塗料のことを言います。
アクリル塗料の最大の魅力は、何と言っても価格の安さです。
アクリル樹脂は、プラスチックやボールペンやコップ、照明器具や看板等、身近にある様々なものに活用されています。
以前は住宅の屋根・外壁塗装にもよく使われていた塗料ですが、現在では、より性能の高いシリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料等が登場して価格も下がってきたため、アクリル塗料が使われることは少なくなりました。
なので、現在は内壁の塗装に使用されることが多く、外壁塗料としては主流ではありません。
しかし、安価で購入できることやカラーバリエーションが豊富なこと、扱いが容易なことなどでDIY塗料としては人気があります。また、使用用途・使用箇所によってはアクリル塗料が適している場合もあります。

2.アクリル塗料の種類と選び方


アクリル塗料は他の塗料と比べると耐久性が低いですが、価格は安いです。
アクリル塗料は20年程前に開発された塗料で、当時は画期的な商品でしたが、次々と様々な種類の塗料が開発されたため、アクリル塗料が住宅の屋根・外壁塗装で使われることは減っていき、現在ではほとんど使われることがなくなってきました。

3.アクリル塗料のメリット・デメリット


メリット

・費用が安い
塗料の費用が安い(
1,200~1,800円/㎡
)ことは大きなメリットといえます。店舗など数年毎に外壁のリフレッシュをしたい場合などにオススメの塗料です。

また、短期間で家を売却することが決まっている場合にも、アクリル塗料の費用の安さがメリットになるでしょう。

なお、家の売却を考えている方は、まずは家の査定をするのがおすすめです。

・カラーバリエーションや種類が豊富
アクリル塗料は発色が良いため、
カラーバリエーションが大変豊富
です。また、塗料としての歴史が長いため、各メーカーからもさまざまな種類の塗料が販売されています。

・使いやすい塗料
アクリル塗料のほとんどが1液型となっており、DIYで多く使われているように素人にも使いやすい塗料です。旧塗膜がアクリル塗料の場合は、シーラーレスでも塗装できるものがあり、重ね塗りができて手間がかかりません(塗膜が劣化している場合は注意が必要)。

デメリット

・紫外線に弱いため劣化が早い
アクリル塗料は紫外線によってラジカル(劣化因子)が発生しやすく、塗料の組織が破壊されるため劣化が早く進みます。
数年で塗膜の光沢が失われ変色や褪色が目立つ
ようになり、さらに劣化が進むと塗料の機能が十分に発揮されなくなってしまいます。

・塗膜が硬くひび割れが起きやすい
一般的なアクリル樹脂は常温では硬く、柔軟性を持たせるために可塑剤が加えられています。可塑剤は紫外線によって
3~5年
程度で徐々に抜けていきます。可塑剤が抜けると塗膜の柔軟性が失われひび割れが発生します。

・塗り替えサイクルが短い
アクリル塗料は他の塗料に比較して
耐用年数が5年~7年程度と短い
ため、頻繁な塗り替えが必要になってきます。イニシャルコストは低くても、ライフサイクルコストで計算すると決してコストパフォーマンスが良いとはいえなくなります。

4.他塗料との比較


アクリル塗料は他の塗料と比べると耐久性が低いですが、価格は安いです。
アクリル塗料は20年程前に開発された塗料で、当時は画期的な商品でしたが、次々と様々な種類の塗料が開発されたため、アクリル塗料が住宅の屋根・外壁塗装で使われることは減っていき、現在ではほとんど使われることがなくなってきました。

塗料名 耐久年数 1㎡あたりの施工単価 メリット デメリット
アクリル塗料
約3~5年
約1000~2000円
値段が安い、発色が良い。
耐久性、防水性が低い。
ウレタン塗料
約5~7年
約1,000~2,500円
新築住宅によく使われる一般的な塗料。価格と機能のバランスが良い。
耐久年数がやや低く、長期的な外観維持に不向き。
シリコン塗料
約7~10年
約2,000~3,500円
コストパフォーマンスに優れており、塗り替えの際によく使われる。
上記2つに比べコストが高い。
ラジカル塗料
約14年~16年
約3,000~4,500円
シリコンとコストはあまり変わらないが耐久性が高い。
選べる種類が少ない。
フッ素塗料
約15年~
約3,000~5,000円
シリコンより耐久性が高く、長期に渡り変色、艶引けがない。
コストが高く、塗膜が硬いためひび割れが起きやすい。
無機塗料
約15年~
約3,500~5,000円
耐久性がかなり高い。
コストが高い。

5.まとめ


アクリル塗料は一般的な耐久年数3~5年で、他の塗料と比較して安価ですので短期的に塗り替えたい方におススメです。

また、内装や家具、小物の塗替えや趣味等でもおススメします。ぜひ、この記事を参考して頂ければと思います。

その他の豆知識

・「家の外壁塗装をそろそろやらないといけないけど費用がどのくらいかかるのか分 […]

リフォーム会社の特徴や選び方をご紹介 初めてリフォームを依頼する際にはどうい […]

外壁塗装に使われる塗料の種類についてそれぞれの特徴を紹介 外壁が汚れてきたし […]

その他の豆知識

クローズ外構のメリット・デメリット 「クローズ外構」とは、道路や近隣住宅の敷 […]

【2021年最新版】外壁塗装の坪数ごとの費用相場は?単価や適正価格を知ろう! […]

外構工事の3つのスタイル 外構づくりに失敗してしまう主な原因は、「どんな暮ら […]