リフォーム・リノベーションの違いってなに?

リフォーム・リノベーションのそれぞれの特徴をわかりやすく紹介

「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご存じでしょうか?
「リフォーム」と「リノベーション」は似た意味を持つ言葉のように感じますが、違いとは具体的に何なのでしょうか。
この記事では「リフォーム」と「リノベーション」の違いや、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

1.リフォームとは


一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを意味します。
なお、英語の「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
「マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復」という意味合いとして使われることが多いため、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

2.リノベーションとは


リフォームがマイナスの状態からゼロにするものなのに対して、
リノベーションは、マイナス・ゼロの状態から住宅をプラスにするようなイメージです。
リフォームがマイナスの状態からゼロにするものなのに対して、リノベーションは、マイナス・ゼロの状態から住宅をプラスにするようなイメージです。
リノベーション工事内容としては、例えば、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして行う間取りの変更や、水回りの配管移動などが当てはまります。​

3.メリット・デメリットをわかりやすく比較


現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、
明確な線引きはされにくくなってきています。
しかし、「リフォーム」と「リノベーション」はそれぞれ異なるメリット・デメリット違いがあります。

リフォーム

・メリット
住み慣れた家をそのままにすることができる
リノベーションよりも工期が短い

・デメリット
間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更ができない
費用が高くなる可能性もある

住み慣れた家をそのままにすることができる

工事の間、その設備・場所が使えませんが、キッチンを交換するのなら、その間だけ外食やお弁当で済ませたり、浴室のリフォームなら銭湯に行ったりと、一時的にしのぐ方法はいくつかあるものです。また、仮住まいの必要もありませんので、無駄な費用は抑えられます。

リノベーションよりも工期が短い

部分的に新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるでしょう。
また、工事期間が短く予算も安いため、早急にデザインや機能の改善をしたいという場合にも大きなメリットになります。

間取りの変更など大掛かりなデザインの変更ができない

あくまでも新築のときの状態を取り戻すことを目的として行われるため、当初のデザインの変更は原則としてできないことが、リフォームのデメリットといえます。

費用が高くなる可能性もある

リフォーム工事では新しい部分と古い部分が混在するため、必ず新旧が繋がるところが出てきます。この古い部分と新しい部分を上手に繋げる手間が必要になり、リフォーム工事は新築と比べて工事の規模が小さめです。建築工事は規模が大きくなるほど効率が上がり、単価が安くなります。

リノベーション

・メリット
ライフスタイルに合わせた自由な間取り
好みに合わせておしゃれなデザインに

・デメリット
物件の耐久性が不安になる可能性がある
住むまでに時間がかかってしまう

ライフスタイルに合わせた自由な間取り

リノベーションは、間取り変更を含む大規模な改修が可能なので、3LDKから大きなワンルームへの変更でも、壁付けキッチンからアイランドキッチンへの変更でも、ライフスタイルに合わせた間取り設計が可能です。

好みに合わせておしゃれなデザインに

間取りを取り払ったスケルトン状態から自分で設計することができるので、フローリングの素材、壁紙のデザインから設備、ドアノブひとつまでデザインにこだわることができます。

物件の耐久性が不安になる可能性がある

特に築年数に注意が必要で、現在の耐震基準法が適用された1981年6月以前に建築確認を受けている住宅については、大きな耐震補強が必要になり、工事費用が高額になってしまう可能性があります。
不安な方は、プロに相談してみることをおすすめします。

住むまでに時間がかかってしまう

中古物件を購入してリノベーションを行う際には、新築を買うときと違い、引き渡し前に建物検査やリノベーション内容の設計、工事をする期間が発生します。
また、現在お住まいの家をスケルトン状態にし、一度完全に解体してしまう場合には、住みながらの工事が難しいため、仮住まいが必要になるのでその分のコストもかかります。

4.それぞれの費用相場は?


施工内容 リフォームの費用相場
キッチン交換
50〜100万円
トイレ交換
15〜30万円
洗面台交換
10〜25万円
お風呂交換
60〜120万円

施工内容 リノベーションの費用相場
リビングを広くしたい
300万円〜
玄関まわりの収納を充実させたい
100万円〜
キッチン
100万円〜150万円
お風呂
120万円〜150万円

4.まとめ


リフォームやリノベーションをお考えの際は、ご自宅の状況に合わせて行って頂ければ良いと思います。
また、メリット・デメリットや契約工事にかかる時間は非常に重要なポイントです。住宅を改修している期間は他のどこかの住宅で暮らす必要があり、工期の長短によって改修中にかかる生活費などが変わる可能性もあります。
工事が遅れてしまったりトラブルなどのケースも考慮して、ある程度余裕を持ったスケジュールを考えて準備を始めるのがおすすめです。

工事の内容が大きく異なるため、リフォームやリノベーションはご自宅の状況に合わせて、適切なものを選ぶことが大切です。

その他の豆知識

解体工事は家の解体のことです。 古くなって誰も住まなくなった家や、相続で受け […]

水回りリフォームはキッチン、トイレお風呂などのことです。 水回りリフォームも […]

今回は、住宅の屋根工事を考えている人に向けて、国や自治体の助成金や補助金を利 […]

その他の豆知識

リフォーム会社の選び方・リフォーム事業者の特徴をご紹介 初めてリフォームを依 […]

水回りリフォームはキッチン、トイレお風呂などのことです。 水回りリフォームも […]

屋根塗装の色選びで失敗しないための4ステップ 屋根の色は家屋のイメージを大き […]